“ソーシャルメディアユーザー統計2015、ソーシャルメディアの統計、ソーシャルメディアマーケターの履歴書、ソーシャルメディアの取り扱い、スポーツソーシャルメディア、ソーシャルメディアについての質問、 -ソーシャルメディアプレゼンテーション、ソーシャルメディアエージェンシーNyc、法執行機関でのソーシャルメディア、最大のソーシャルメディア、ソーシャルメディアエージェント、雇用ソーシャルメディア、”

2015年は大企業の経営層にもデジタルマーケティングの理解が進んだ1年でもありました。マーケティングは経営に直結した重要課題であるという認識も広がっていることから、これからはソーシャルメディアの活用にも、より戦略的な判断が必要とされるでしょう。リアルな顧客を知る存在として、その役割がさらに重要になるであろう現場のマーケターにとって、SNSはコミュニケーションとデータの両面から「消費者」の実像を教えてくれる、良き指南役となるはずです。今年はSNSをどう使うかだけでなく、その先のビジネスゴールにどうつなげるかも考えてみてください。 とはいえツイッターはまだ始まったばかり。オバマが大統領選挙で活用したことで有名にはなったけれども、日本のビジネスツイッターではまだフォロワー数万がいいところ。ユーザー層もまだまだ、「新しモノ好き」層に留まっている可能性も高い。「ブランドづくり」よりも、狭い範囲やイベント単位での集客の方が適しているのではないだろうか。本書の中で紹介された事例も繰り返しのものが多く、乏しい実績を戦略論や戦争論の比喩で嵩増ししている感も否めない。 ソーシャルメディアのサービスが登場したのは、今世紀に入ってから。ブロードバンドの普及とともに語られ始め、2004年頃から、次世代のネット「ウェブ2.0」を牽引するメディアとして捉えられるようになった。とりわけ同年のアメリカ大統領選では、アルファブロガーの書き込みが、選挙の行方を左右するほどの強い影響力を示し、既存のマスメディアからも注目を浴びた。新聞社の倒産があいつぐ米国では、これ以降、多くのジャーナリストが表現・活動の舞台を、ブログ、ブログパブリッシャー、ツイッターなどのソーシャルメディアに移している。 2. 2 前職ではシステムエンジニアとして投資信託の資産運用システムの開発・運用 に従事し、大規模システム移行支援を行った。 2012年にメンバーズに入社し、 ソーシャルメディアを中心として多数アカウントのプロモーション戦略の立 案・運用を手がける。FIFAワールドカップのプロジェクトにおいては、グロー バルでのSNS運用を統括し、リアルタイムマーケティングを実施した。現在は、 グローバル企業のデジタルマーケティング戦略の立案や、コンテンツマーケ ティング施策の企画から実行までを幅広く担当。 堤下 大輔(ツツミシタ ダイスケ) 株式会社メンバーズ 第1ビジネスユニット アカウントサービス第8ユニット ユニットリーダー/プランナー PRSJ 認定PRプランナー 2 53. 53 第1部 戦略編 まとめ ☑デジタルマーケティング全体を俯瞰してプラットフォームの役割を定める 部分最適ではなく、全体最適となるよう 各プラットフォームの役割・目的を明確にする ☑ソーシャルメディアをブリッジに横断的なコミュニケーション設計を 施策・コンテンツはSNSアカウント単体の運用だけではなく、 メディアを横断してのコミュニケーション設計も検討 ☑マーケティングゴールと紐付いたKGI/KPI策定 KGI/KPIはブランド・企業のマーケティングゴール、 デジタルマーケティングの目的に対して、SNSがどのように寄与するのか 全体のKGIとデジタルのKPIを相関をもたせることが重要  本ランキングの作成においては、BtoC(個人向け)の主要業界から代表的な企業・ブランドを計100社ノミネートしました(ネット専業企業などは除く)。そして、さまざまなデジタルメディアを介して企業・ブランドの情報に接触した消費者が、商品購入(サービス利用)に至ったか否かを把握するアンケート調査を実施。「消費行動スコア」を算出し、ランキングしました。アンケートは民間の大手リサーチ会社の協力を得て、2017年4月にインターネットで実施。有効回答は4120人です。  続く2位はマクドナルド。商品の購入要因として有力だったのはオウンドメディアでした。ダウンロード件数3300万件を超える(2017年4月時点)公式アプリに加え、2016年春に開設したオウンドメディア「BurgerLove」が来店・購入意欲を高めました。期間限定商品の開発経緯や定番商品の歴史、CM出演タレントが語る「マクドナルドと私」などの読み物コンテンツを公開し、公式アプリから多くのアクセスを集めています。 29. 29 デジタルマーケティング全体像 SNS投稿 広告 ネイティブ広告 送 客 広 告 検 索 オーガニック 検索 SNSファン獲得 …

“ソーシャルメディアの画像検索、電話番号、ソーシャルメディアトレイン、10代のソーシャルメディア、ソーシャルメディアと食べ物の障害によるすべてのソーシャルメディアアカウントの検索、 +ソーシャルメディア提案テンプレート、ソーシャルメディアネットワーク、ソーシャルメディア2016年に投稿するベストタイム、ソーシャルメディアマーケティングハウツー、ソーシャルメディアエチケット、ティーンエイジャー、”

マーケティング機能統合型 Web CMS Sitecore Experience Platformは、FacebookやTwitterをはじめさまざまなソーシャルメディアとの連携が可能な、デジタルマーケティング機能を搭載したCMSです。無償のモジュールを活用し、CMSの管理画面から時間指定配信のほか、ワークフロー機能も活用できるため、承認後公開などガバナンスを効かせた記事投稿も可能です。また、アカウント認証連携の機能を活用し、例えばFacebookアカウントでのログインが可能な会員制サイトも構築できます。 FacebookやInstagramに流れるコンテンツは、投稿者の充実した生活やハッピーな出来事があふれかえっており、ティーンエイジャーは疎ましさを感じはじめているようです。投稿したコンテンツは半永久的に保存されるわけですから、成功体験や完成度の高いコンテンツに限定したいというのが人間の欲求でしょう。そこでSnapchatは保存機能をあえてなくすことで、ユーザーがリアリティのあるスナップを気軽に共有できる環境作りに成功しました。 Marketing Cloud is the platform for delivering relevant, personalized journeys across channels and devices — enabling marketers to deliver the right message, at the right time, throughout all phases of the relationship. The Marketing Cloud includes integrated solutions for customer journey management, email, mobile, social, web personalization, advertising, …

“ソーシャルメディアマーケティング、ケビンハートソーシャルメディア、ソーシャルメディアマネジャー、ソーシャルメディアマネジメントプラン、ソーシャルメディアマーケティングの長所と短所、 +ソーシャルメディアポートフォリオの例、ソーシャルメディアマーケティング、ソーシャルメディアマネジメント、ソーシャルメディアマネジメント、ソーシャルメディアマネージメント、ソーシャルメディアマネージャーの求人ホーム、”

2015年は大企業の経営層にもデジタルマーケティングの理解が進んだ1年でもありました。マーケティングは経営に直結した重要課題であるという認識も広がっていることから、これからはソーシャルメディアの活用にも、より戦略的な判断が必要とされるでしょう。リアルな顧客を知る存在として、その役割がさらに重要になるであろう現場のマーケターにとって、SNSはコミュニケーションとデータの両面から「消費者」の実像を教えてくれる、良き指南役となるはずです。今年はSNSをどう使うかだけでなく、その先のビジネスゴールにどうつなげるかも考えてみてください。  栄えある1位となったのは良品計画のブランド「無印良品」です。スマートフォン向けアプリ「MUJI passport」と写真・動画に特化したSNS「Instagram」の活用が奏功しました。アプリでは新商品や店舗のイベント情報などを伝える「from MUJI」を始めたことで、利用頻度が大幅に向上。アクセス数ではアプリがWebサイトを抜きました。アプリ利用者は顧客単価が非利用者の1.5倍と売り上げにも貢献しています。また、Instagramは利用開始から2年で、フォロワー数がTwitterを超えています。最もエンゲージメント率の高いSNSとなっており、商品購入にも結びついています。 Our customers range from business-to-business and non-profits, to some of the largest business-to-consumer companies in the world – like Sony, GE, Hautelook, and News Corps Australia. These leading brands, big and small, know that it’s more important than ever to develop and nurture real relationships — to enable their customers’ success, …

“Hootsuiteソーシャルメディアカレンダー、ソーシャルメディアのグッドソーシャルメディアサイジングガイド、ソーシャルメディアの時間別料金、ソーシャルメディアプラットフォーム2016、ソーシャルメディアの看護、 -ソーシャルメディアマネジメントパッケージ、ソーシャルメディアの使用方法、ソーシャルメディアアイコンのフォント、最も使われているソーシャルメディアサイト、ソーシャルメディアレッスンプラン、グッドソーシャルメディアキャンペーン、”

下のスクリーンショットは、マルケトのウェブサイトから抜き出したものです。右側にFacebookの「いいね!」ボタン、Twitterのツイートボタン、LinkedInの「シェア」ボタンがあります。マルケトでは独自の技術を用いて、ポスト用のメッセージを作成しています。サイト利用者は自動作成のメッセージを使うこともできれば、自分で作成することも可能です。また、訪問者がこのページをクリックした回数の追跡も行っています。2番目の指標と併用すれば、各コンテンツがシェアされた頻度を測定できます。 2015年は大企業の経営層にもデジタルマーケティングの理解が進んだ1年でもありました。マーケティングは経営に直結した重要課題であるという認識も広がっていることから、これからはソーシャルメディアの活用にも、より戦略的な判断が必要とされるでしょう。リアルな顧客を知る存在として、その役割がさらに重要になるであろう現場のマーケターにとって、SNSはコミュニケーションとデータの両面から「消費者」の実像を教えてくれる、良き指南役となるはずです。今年はSNSをどう使うかだけでなく、その先のビジネスゴールにどうつなげるかも考えてみてください。 34. 34 プラットフォーム(どこで届けるのか?) Facebook 公園 Twitter 公園 Instagram 公園 YouTube 公園 ・知人/友人との交流 ・ビジネス上の交流 ・公式な情報 ・ネタとしての面白さ ・その瞬間のトレンド ・最新の情報 ・オシャレ、写真映え ・感度の高さ ・笑えるおもしろ動画 ・課題を解決してくれる How to 動画 プラットフォーム毎に、好まれるコンテキストは異なる。 その場にあったコミュニケーションをすることで、ユーザーから愛される。 さらにプラットフォームの機能として何ができるか得意かを把握しておくことが重要。 37. 37 ソーシャルメディア施策 プランニングのステップ STEP① STEP② STEP③ STEP④ STEP⑤ STEP⑥ ソーシャルメディア上で、ファンのインサイトを発見 ⇒伝えるべき相手はどんな人か知り、ユーザーインサイトを発見 柱となるコンテンツの企画検討 ⇒伝えるべきメッセージは?ファンが喜ぶ企画は?世の中のトレンドは? 活用するソーシャルメディアの選定 ⇒運用中、または新規ソーシャルメディアで最適なメディアを選定 クロスメディア施策の検討 ⇒ユーザー体験を深める立体的な施策を検討 施策のKPIの策定 運用設計~施策の実施・PDCA  栄えある1位となったのは良品計画のブランド「無印良品」です。スマートフォン向けアプリ「MUJI passport」と写真・動画に特化したSNS「Instagram」の活用が奏功しました。アプリでは新商品や店舗のイベント情報などを伝える「from MUJI」を始めたことで、利用頻度が大幅に向上。アクセス数ではアプリがWebサイトを抜きました。アプリ利用者は顧客単価が非利用者の1.5倍と売り上げにも貢献しています。また、Instagramは利用開始から2年で、フォロワー数がTwitterを超えています。最もエンゲージメント率の高いSNSとなっており、商品購入にも結びついています。 ソーシャルメディアのサービスが登場したのは、今世紀に入ってから。ブロードバンドの普及とともに語られ始め、2004年頃から、次世代のネット「ウェブ2.0」を牽引するメディアとして捉えられるようになった。とりわけ同年のアメリカ大統領選では、アルファブロガーの書き込みが、選挙の行方を左右するほどの強い影響力を示し、既存のマスメディアからも注目を浴びた。新聞社の倒産があいつぐ米国では、これ以降、多くのジャーナリストが表現・活動の舞台を、ブログ、ブログパブリッシャー、ツイッターなどのソーシャルメディアに移している。 Marketing Cloud …

“ソーシャルメディア、ソーシャルメディア利用のメリット、ソーシャルメディアエッセイ、ソーシャルメディアマーケティングアプリ、ソーシャルメディアカレンダーサンプル、 顧客サービスソーシャルメディア、ソーシャルメディアスライド、ソーシャルメディアバンク、ソーシャルメディアプラットフォームリスト、ソーシャルメディアリンク、トップソーシャルメディアエージェンシー、ソーシャルメディアパック、”

今やソーシャルメディアは自社メディア・広告メディアと並び、コミュニケーション活動の中心になりました。FacebookやTwitter、LINE、YouTubeなど、複数のソーシャルメディアを活用する企業も多くなっています。ソーシャルメディアの活用が当たり前となり、ファン数やフォロワー数が一定数集まってきている一方で、それを活かせている企業と、「なんとなく」運用している企業との差が大きくなっています。 弊媒体は、はたらく30〜40代の女性をターゲットに以前は月刊誌の発刊を行っておりましたが、現在は260万PV、140万UUほどのWEBサイトでの情報発信(目下右肩上がりに成長中です)や、実際にリアルに人が集まる登録者数30,000人コミュニティ「DRESS部活」を中心に媒体運営を行っております。また、さらにDRESS部活から生まれた、インフルエンサー的動きをする、DRESSアンバサダーが熱量の高いSNS発信をお手伝いします。  栄えある1位となったのは良品計画のブランド「無印良品」です。スマートフォン向けアプリ「MUJI passport」と写真・動画に特化したSNS「Instagram」の活用が奏功しました。アプリでは新商品や店舗のイベント情報などを伝える「from MUJI」を始めたことで、利用頻度が大幅に向上。アクセス数ではアプリがWebサイトを抜きました。アプリ利用者は顧客単価が非利用者の1.5倍と売り上げにも貢献しています。また、Instagramは利用開始から2年で、フォロワー数がTwitterを超えています。最もエンゲージメント率の高いSNSとなっており、商品購入にも結びついています。 11. 11 5,487 6,023 6,488 6,878 7,216 7,485 7,732 56.4% 60.6% 65.3% 68.9% 72.1% 74.5% 76.7% 40.0% 50.0% 60.0% 70.0% 80.0% 90.0% 100.0% 0 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000 2013年末 2014年末 2015年末 2016年末 2017年末 2018年末 2019年末 SNS利用者数 SNS利用率 株式会社 ICT総研 2017年度 SNS利用動向に関する調査 日本のSNS利用者は7,216万人(普及率72%) 2017年末の国内ネットユーザーは10,047万人と推定されるが、 SNS利用者はそのうちの72.1%にあたる7,216万人 ネットユーザーに占めるLINE利用率は72%、Twitter 41%、Facebook 33% 29. 29 …

“ソーシャルメディア利用統計、ソーシャルメディアマーケティング、ウェブサイトのソーシャルメディアロゴ、あなたに支払うソーシャルメディア、ソーシャルメディアの意味、 _大学生、ソーシャルメディアのレポートテンプレートExcel、ソーシャルメディアの散漫統計、ソーシャルメディアと大学入学、”

32. 32 ターゲット(誰に届けるのか?) 30-40代 日常の様子を投稿 ニュースソースとしても活用 10-20代若年層 たまに開くが投稿はしない 大きなライフイベントの時にお知らせ 匿名でつぶやく 最新の情報をチェック 実名、趣味の複数アカウントを使い分け 頻繁に投稿 インスタ映えするフード、 ファッションなどをたまに投稿 ググる前に#タグる(ハッシュタグ検索) インスタにUPすることをゴールに行動 (見せるコト消費) 日常はストーリーに投稿 スキマ時間で、興味がある動画を視聴 関連動画を見続ける (テレビも見ている) テレビの代わり ユーチューバーやゆるい面白動画を探す 音楽プレイヤーとしても活用 マーケティング機能統合型 Web CMS Sitecore Experience Platformは、FacebookやTwitterをはじめさまざまなソーシャルメディアとの連携が可能な、デジタルマーケティング機能を搭載したCMSです。無償のモジュールを活用し、CMSの管理画面から時間指定配信のほか、ワークフロー機能も活用できるため、承認後公開などガバナンスを効かせた記事投稿も可能です。また、アカウント認証連携の機能を活用し、例えばFacebookアカウントでのログインが可能な会員制サイトも構築できます。 Not sure what to post on social media? Here are 50 ideas! Click through for descriptions and a free downloadable cheat sheet of what …

“ソーシャルメディア、新しいソーシャルネットワーキングサイト、子供向けソーシャルメディアサイト、ソーシャルメディア広告求人、Appenソーシャルメディアエバリュエーター、ベストソーシャルメディア戦略、 _職場でのソーシャルメディアポリシー、ソーシャルメディア共有ボタン、ソーシャルメディア、ソーシャルメディアのユーザー名検索、ソーシャルメディアアイコンのHipaa違反の例Html、”

10. 10 グローバル・国内のソーシャルメディアユーザー数 国内ではLINEのユーザー数がトップで7,000万人以上 Instagramが国内ユーザー数を2,000万人と突破 Facebook Twitter Instagram LINE ユーザー数(グローバル) 20億人 3.28億人 8.0億人 2.17億人 ユーザー数(日本) 2,800万人 4,500万人 2,000万人 7,000万人 人口カバー率 21.30% 31.50% 15.70% 55.10% アクティブ率 56.10% 70.20% 84.70% 96.60% 男性 53.90% 48.40% 39.40% 46.40% 女性 46.10% 51.60% 60.60% 53.60% マーケティング機能統合型 Web CMS Sitecore Experience Platformは、FacebookやTwitterをはじめさまざまなソーシャルメディアとの連携が可能な、デジタルマーケティング機能を搭載したCMSです。無償のモジュールを活用し、CMSの管理画面から時間指定配信のほか、ワークフロー機能も活用できるため、承認後公開などガバナンスを効かせた記事投稿も可能です。また、アカウント認証連携の機能を活用し、例えばFacebookアカウントでのログインが可能な会員制サイトも構築できます。 FacebookやTwitterなどの利用者数増加に伴い、多くの企業がソーシャルメディアの活用を始めています。企業のポリシー策定や分析を支援する「戦略・企画支援」、FacebookやTwitterをはじめとするソーシャルメディアへの「投稿管理・運用」ソリューション、ソーシャルメディア上のデータを収集しマーケティングやリスクマネジメントの観点から活用できる「解析・分析支援」のそれぞれのフェーズでご支援します。 45. 45 ソーシャルリスニング・アクティブコミュニケーション事例 Unilever/Dove 「ダヴうるおいおとどけ便」 東京23区内を対象に「#ボディソープきれた」とつぶやくと60分以内にボディソープの「ダヴ」を届けて くれるキャンペーン。「今日は家にいて、買い物に行かずに、自分の時間を作ってください」という、 30-40代の主婦層へのメッセージが込められている。2日間でフォロワーは4000人増加。外れた人にも Amazonのクーポンを配布するなど、当選者以外にも広がる仕組みとなっていた。 …

“ソーシャルメディアアフィリエイト、ソーシャルメディアアフィリエイト、ソーシャルメディアリリース、ソーシャルメディアカレンダー2016、ソーシャルメディア、ハイファイブソーシャルメディア、ソーシャルメディアキャンペーン、 -ソーシャルメディア利用統計2014、ソーシャルメディアサービス価格、ソーシャルメディアがあなたにとって悪い理由、オンラインソーシャルサイト、ソーシャルメディア、ソーシャルメディアジョブオレンジカウンティ、”

8. 8 ソーシャルメディアマーケティングの戦略・戦術・運用 戦術 運用 戦略 企業・ブランドとしてのマーケティングゴール達成に向けたシナリオ デジタル・マーケティング全体においてSNSがどのような役割・目的を果たす のかを設計。トリプルメディア、マス、リアル(店舗・イベント)と、どのよ うに連携していくのか、俯瞰で見ていく視点が求められる。 戦略に基づいた、具体的なアクションプラン プラットフォーム毎、ターゲット毎に具体的なアクションプランに落とし込む。 ターゲット理解、プラットフォーム理解、コンテンツ企画力などが求められる。 戦略・戦術を元に日々の運用を回し続ける 数値のファクトを元にKPI達成に向けて、高速でPDCAを回していく体制が必要。 日々、コンテンツ・運用・広告の改善をしていく。 今やソーシャルメディアは自社メディア・広告メディアと並び、コミュニケーション活動の中心になりました。FacebookやTwitter、LINE、YouTubeなど、複数のソーシャルメディアを活用する企業も多くなっています。ソーシャルメディアの活用が当たり前となり、ファン数やフォロワー数が一定数集まってきている一方で、それを活かせている企業と、「なんとなく」運用している企業との差が大きくなっています。 49. 49 ①”公式SNSアカウント”では、ファンアンケートを実施し、 SNS運用を通じてすることで、KGIにどれだけ貢献しているのか検証する KGI/KPI設計・運用するうえで重要なこと ⇒KGIとの相関を検証せず、公式SNSアカウントの運用を行っていると、 目指すべきマーケティング成果への貢献度合いが不明瞭になってしまう。 ⇒知人からの推奨は高い信頼、大きな影響力を持っている。 ソーシャルメディア全体を俯瞰して自社ブランド・製品の状態を把握することが重要。 ②” SNS公式アカウント”だけではなく、ソーシャルリスニングを 活用して”ソーシャルメディア全体”のKPI/KGI設計も行う 29. 29 デジタルマーケティング全体像 SNS投稿 広告 ネイティブ広告 送 客 広 告 検 索 オーガニック 検索 SNSファン獲得 広告 検索流入 広告流入 Owned Media SNS公式アカウント SNSへの シェア SNSへの シェア マス・イベント …

“ソーシャルメディアサイト、ソーシャルメディアサイト、ソーシャルコミュニティ、ソーシャルメディア安全クイズ、Hipaa違反ソーシャルメディア、ソーシャルメディアストラテジスト職務内容、 ビジネスソーシャルメディアサイト、ソーシャルメディアリーダー、ソーシャルメディアライフ、ソーシャルメディア放棄、ソーシャルメディアターゲティング、ソーシャルメディアアカウント検索、ソーシャルメディア市場規模、”

Check out this article on internet marketing as it can unravel the mystery of what internet marketing is all about. In turn, we will help you to build your presence online and share with your some interesting internet marketing strategies.  消費者が接する主なデジタルメディアには、まず企業側が発信内容をコントロールできるものとして、自社Webサイトやアプリなどの「オウンドメディア」、LINEやTwitter、Facebook、YouTubeなどに開設した企業公式の「ソーシャルメディア」アカウント、バナー広告や記事広告などの「ペイドメディア」があります。一方、企業側がコントロールできないものとして、プレスリリースや取材をもとにした記事が載る「ニュースメディア」、一般ネット利用者のブログやSNS投稿、クチコミサイトの書き込みといった「アーンドメディア」があります。ニュースメディアやアーンドメディアも、積極的な広報・PR活動によって、好感度や購入意欲の改善につなげることは可能です。本調査ではこれらのメディアへの接触が、どれほど消費者の購入意欲につながっているのかを調べました。 37. 37 ソーシャルメディア施策 プランニングのステップ STEP① STEP② STEP③ STEP④ STEP⑤ STEP⑥ ソーシャルメディア上で、ファンのインサイトを発見 ⇒伝えるべき相手はどんな人か知り、ユーザーインサイトを発見 柱となるコンテンツの企画検討 ⇒伝えるべきメッセージは?ファンが喜ぶ企画は?世の中のトレンドは? …

“ソーシャルメディア効果、ソーシャルメディア、ソーシャルメディアヘルプ、トップソーシャルメディア、ソーシャルメディアとコミュニケーションスキル、 |ソーシャルメディアポスト、B2Bソーシャルメディアマーケティング、コーポレートソーシャルメディア戦略、従業員ソーシャルメディア権利、ソーシャルメディアボタン、トップソーシャルメディアマーケティング、”

37. 37 ソーシャルメディア施策 プランニングのステップ STEP① STEP② STEP③ STEP④ STEP⑤ STEP⑥ ソーシャルメディア上で、ファンのインサイトを発見 ⇒伝えるべき相手はどんな人か知り、ユーザーインサイトを発見 柱となるコンテンツの企画検討 ⇒伝えるべきメッセージは?ファンが喜ぶ企画は?世の中のトレンドは? 活用するソーシャルメディアの選定 ⇒運用中、または新規ソーシャルメディアで最適なメディアを選定 クロスメディア施策の検討 ⇒ユーザー体験を深める立体的な施策を検討 施策のKPIの策定 運用設計~施策の実施・PDCA また、SNSが情報インフラとして確立しつつある中、消費者はどんどん疑り深くなり、従来のクチコミが企業の代弁に過ぎないと、「ステマ」扱いされることが増える一方で、ユーザーの発信するコンテンツ(UGC)は共感をあつめ影響力を強めています。その違いは「コンテンツが誰の目線で作られているか」ではないでしょうか。消費者が自分の実体験を元にした情報を、自分の生活の中で、「気分」に合わせて発信したものだからこそ、自然に共感され人々の話題となっていくのです。  続く2位はマクドナルド。商品の購入要因として有力だったのはオウンドメディアでした。ダウンロード件数3300万件を超える(2017年4月時点)公式アプリに加え、2016年春に開設したオウンドメディア「BurgerLove」が来店・購入意欲を高めました。期間限定商品の開発経緯や定番商品の歴史、CM出演タレントが語る「マクドナルドと私」などの読み物コンテンツを公開し、公式アプリから多くのアクセスを集めています。 42. 42 資生堂が発信するSNS記事のまとめページ。“ビューティー”、“グルメ&レシピ”などのテーマ別、 “マキアージュ”などのブランド別で、各SNSアカウントで投稿した記事をOwned Mediaにキュレーションして 展開。フローになってしまうSNS用のコンテンツを再活用。好みの記事をクリップしておくこともできる。 オウンドメディア連動事例 資生堂「KIREIRO・キレイロ」 メンバーズ事例 40. 40 マス広告連動事例 スペイン宝くじ販売会社「Justino」 スペインの宝くじ販売会社の「クリスマスくじ」のプロモーション。マネキンメーカーで夜間警備 員として働く主人公ジャスティーノに起こった、心温まるストーリーをCMで展開。Instagramでは ジャスティーノが夜勤の際に撮影した写真を投稿。Facebookには架空のマネキンメーカーのアカ ウントを開設し、SNSのプラットフォームの特性を生かし、CMと上手く連動させた。 架空のマネキンメーカーのFB ジャスティーノのIG https://www.youtube.com/watch?v=tY3vQTrCn7I 一般事例 23. 23 約1億人 企業SNS アカウント NEWSメディア 自社 Owned media ソーシャルメディア (FB/TW/IGなど) WEB …