Japanese

Japanese

“ソーシャルメディアアイコン、ライブソーシャルメディアフィード、ソーシャルメディア利用調査、ソーシャルメディアマーケティング監査、Alltopソーシャルメディア、 +社会的メディアハッシュタグ、ソーシャルメディア、ソーシャルメディア、プライバシーのソーシャルメディア、ソーシャルメディア、ソーシャルメディアのビデオ統計、”

50. 50 横串で効果検証を行う KGI/KPI設計・運用するうえで重要なこと ⇒KPIを柔軟に運用することで、投資対象となるメディア(どのSNS?)や、 施策(広告?コンテンツ制作?)をコントロールすることができる。 ④年間を通じてKGIは変更しないが、KGIとKPIの相関関係を 検証しながら、KPIについては必要に応じて見直しを行う ただ、基本的な考え方(戦略理論)そのものは、ひと昔前の「競争戦略」にもとづいているので、次世代型マーケティングを模索している専門家には、いまひとつ物足りない内容かもしれない。旧来の(教科書的な)マーケティング戦略にもとづき、ソーシャルメディアという新しいメディアを使って何ができるかということがこの本では語られているが、せっかく新しいメディアを使うのであれば、それを最大限に活かす新しい戦略も必要なのではないだろうか。 石井:インスタグラムのフォロワー数が増えないのは明確な理由があって、SNSにもオープンなSNSとクローズドのSNSがある。FB、ツイッター、ピンタレストはアプリ内にシェアだったりリツイートだったり、「いいね!」だったり、拡散機能を保有していて、自分の知らない人でも友だちが「いいね!」とかシェアとかしたら、コンテンツが流れてくる。でも、インスタグラムはフォローに準じていて、友だちが知らないところで「いいね!」を押していても、そのコンテンツは流れてこない。かなりクローズドのSNSなんです。なので、物理的にバズは起きない。ただ、20〜30代の女性はインスタグラムを見て購買するレートが一番高いというデータが出ているので、企業としてもやるしかない。 ソーシャルメディアとは、ブログやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、Twitterなど、ユーザーの参加によってコミュニケーションが飛躍的に広がっていく、オンライン上のインタラクティブ(双方向)なサービスの総称です。個人の発信する情報が不特定多数のユーザーに公開され、閲覧したユーザーはレスポンスを返すことができるなど、コミュニケーションを促す機能が用意され、ユーザーが互いの関係を視覚的に把握できるのが特徴。一般には、ブログやTwitter、動画共有サイトなどの閲覧者を制限しないオープンなサービスと、会員制・招待制のSNSに分けられます。 48. 48 ファン数 公式SNS KPI WOM (口コミ) KPI 購買 ・リーチ数 ・IMP数 エンゲージ メント (数・率) ・送客数 ・CTR KPI③-(1) KGI① KGI②KPI②KPI① KPI③-(2) ブランド 構築 (認知/NPS/購 入意向) WEB サイト 顧客体験 ・購買前 ・購買中 ・購買後 SNS ユーザー ユーザー 投稿 アンケート ソーシャルリスニング シェア 投稿 ・ブランド言 及数 ・発言の ポジ/ネガ デジタル施策のKPI/KGI フレーム …

“ソーシャルメディアポータル、Linkedinソーシャルメディア戦略、ソーシャルメディアマネジメント会社、ソーシャルメディアサイトの種類、ソーシャルメディアはソーシャルメディア、ソーシャルメディア広告費用、 イメージソーシャルメディア、ソーシャルメディアマーケティングスペシャリスト、ソーシャルメディアリリース、従業員とソーシャルメディアポリシー、ソーシャルメディアエンゲージメントアナウンス、ソーシャルメディアウェブサイトの作成、”

石井:インスタグラムもいま、動画に移行していて、インスタグラムのなかにストーリーという機能があるんです。もともとスナップチャットというアプリが海外で流行っていて、24時間で消えてしまうのですが、インスタグラムにも類似しているサービスが入ったんです。いま若い子たちはストーリーの方をアクティブに楽しんでいる。たとえば、何の気なしにみんなで飲んでいる動画を撮ってあげることが増えていて。なので、人格がバレる。隠しきれないというか。 19. 19 最も信頼出来る情報源は”知人からの推奨”で83% ※2015年9月 広告信頼度 グローバル調査(Nielsen) 36% 42% 43% 46% 47% 48% 54% 54% 55% 56% 56% 58% 60% 61% 63% 66% 66% 70% 83% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 携帯電話のテキスト広告 オンラインバナー広告 モバイル広告 ソーシャルネットワーク広告 検索連動型広告 オンライン動画広告 ラジオ広告 映画上映前広告 テレビ番組での商品提供 登録型メールマガジン 看板・屋外広告 雑誌広告 新聞広告 ブランド・スポンサーシップ テレビ広告 インターネット上の消費者の口コミ 新聞の社説・コラム 企業(ブランド)ウェブサイト 知人からの推奨 …

“ソーシャルメディアメトリクスツール、ファイナンシャルアドバイザーソーシャルメディア、ソーシャルメディアの理解、ソーシャルメディアスクール、フリーランスソーシャルメディアジョブ、 +最高の新しいソーシャルメディア、ソーシャルメディアのポジティブ、ソーシャルメディアブロッカーアプリ、ソーシャルメディアマーケティングワールド、ロケーションベースのソーシャルメディアモニタリング、ソーシャルメディア、”

48. 48 ファン数 公式SNS KPI WOM (口コミ) KPI 購買 ・リーチ数 ・IMP数 エンゲージ メント (数・率) ・送客数 ・CTR KPI③-(1) KGI① KGI②KPI②KPI① KPI③-(2) ブランド 構築 (認知/NPS/購 入意向) WEB サイト 顧客体験 ・購買前 ・購買中 ・購買後 SNS ユーザー ユーザー 投稿 アンケート ソーシャルリスニング シェア 投稿 ・ブランド言 及数 ・発言の ポジ/ネガ デジタル施策のKPI/KGI フレーム 「株式会社ぱとか」は、広告・プロモーション周りを中心としたWEB制作会社ですが、近年では、FacebookやInstagramなどのSNS企画制作・運用も得意としております。大手化粧品メーカー、コスメブランドのSNS企画・制作・運営をはじめとして、過去に多くのプロモーションサイトやSNSの企画・運用にも携わってまいりました。これまでのノウハウを活かし、最適なSNSコンテンツを提案させていただきます。 今やソーシャルメディアは自社メディア・広告メディアと並び、コミュニケーション活動の中心になりました。FacebookやTwitter、LINE、YouTubeなど、複数のソーシャルメディアを活用する企業も多くなっています。ソーシャルメディアの活用が当たり前となり、ファン数やフォロワー数が一定数集まってきている一方で、それを活かせている企業と、「なんとなく」運用している企業との差が大きくなっています。 21. 21 あらためてしっくりくる ”ソーシャルメディア”は”公園”という考え方 ソーシャルメディアは生活者による 生活者のための場であることを再認識 様々や趣味嗜好を持った生活者が集まり、友達と楽しい時間を過ごし ている広い公園がソーシャルメディアの世界。 企業の公式SNSアカウントは、公園の出店のようなもの。 …

“ベストソーシャルメディアキャンペーン2015、ソーシャルメディアティーンエイジャー統計、ラーニングソーシャルメディア、ソーシャルメディアカンファレンス2016、ソーシャルメディアホワイトペーパー、ソーシャルメディア管理サイト、 ソーシャルメディアの責任、フリーソーシャルメディアの報告、ソーシャルメディアのマーケティング計画の例、ソーシャルメディアのコースNyc、ソーシャルメディアの質問、ソーシャルメディアイベントでは、”

北島:実際、写真でも動画でもコンテンツを作ることでお金を稼ぐことができるのはユーチューブしかないですからね。Google AdSenseによって広告費が入るから。インスタグラムはいかにいいコンテンツをつくっても、それだけではお金にならない。その点、ユーチューブは6秒の広告が入ったり、ページのなかにバナーがあって、それをクリックするとチャリンチャリンと投稿者に入ってきたりする。ツイッターにもその機能が実装されるので、それを受けて市場がどう動くかというのはおもしろいところです。  栄えある1位となったのは良品計画のブランド「無印良品」です。スマートフォン向けアプリ「MUJI passport」と写真・動画に特化したSNS「Instagram」の活用が奏功しました。アプリでは新商品や店舗のイベント情報などを伝える「from MUJI」を始めたことで、利用頻度が大幅に向上。アクセス数ではアプリがWebサイトを抜きました。アプリ利用者は顧客単価が非利用者の1.5倍と売り上げにも貢献しています。また、Instagramは利用開始から2年で、フォロワー数がTwitterを超えています。最もエンゲージメント率の高いSNSとなっており、商品購入にも結びついています。 石井:インスタグラムのフォロワー数が増えないのは明確な理由があって、SNSにもオープンなSNSとクローズドのSNSがある。FB、ツイッター、ピンタレストはアプリ内にシェアだったりリツイートだったり、「いいね!」だったり、拡散機能を保有していて、自分の知らない人でも友だちが「いいね!」とかシェアとかしたら、コンテンツが流れてくる。でも、インスタグラムはフォローに準じていて、友だちが知らないところで「いいね!」を押していても、そのコンテンツは流れてこない。かなりクローズドのSNSなんです。なので、物理的にバズは起きない。ただ、20〜30代の女性はインスタグラムを見て購買するレートが一番高いというデータが出ているので、企業としてもやるしかない。 29. 29 デジタルマーケティング全体像 SNS投稿 広告 ネイティブ広告 送 客 広 告 検 索 オーガニック 検索 SNSファン獲得 広告 検索流入 広告流入 Owned Media SNS公式アカウント SNSへの シェア SNSへの シェア マス・イベント 連携 Owned 送客 SNS (口コミ) ・CMが素敵! ・この商品おいしい! ・イベントが楽しかった! SNS 広 告 ディスプレイ 広告 SNS送客 広告 リスティング 広告 投稿リーチ エンゲージメント獲得 新規ファン獲得 サイト流入 SNSファン獲得・投稿リーチ 拡散理解・共感(ファン化) …

“複数のソーシャルメディアアカウントを管理する方法、ソーシャルメディアアカウントを名前で探す方法、ソーシャルメディア戦略プランテンプレート、無料ソーシャルメディアアナリティクスツール、 -作家のソーシャルメディア、ソーシャルメディアを使ったビジネス、ソーシャルメディアキャンペーンとは、ソーシャルメディアのベストブック、ソーシャルメディアのデータ分析、ソーシャルメディアによる広告、”

Marketing Cloud delivers data and application functionality through the web, rather than having them reside on a user’s desktop/laptop/mobile device, hardware drive, or in what is otherwise known as on-premises solutions. As a result, IT departments no longer need to worry about buying and provisioning servers to hold company data and can instead focus on …

“アカデミックソーシャルメディア、ソーシャルメディアホリデーカレンダー2016、オンラインソーシャルメディアマーケティングコース、ソーシャルメディアの質問、ソーシャルメディアのアプリアイデア、ソーシャルメディアの記事2015、 _ソーシャルメディア戦略、フリーソーシャルメディアコース、ソーシャルメディアデザイナー、非営利ソーシャルメディアキャンペーン、ソーシャルメディアサクセスサミット2015、ソーシャルメディア危機、”

下のスクリーンショットは、マルケトのウェブサイトから抜き出したものです。右側にFacebookの「いいね!」ボタン、Twitterのツイートボタン、LinkedInの「シェア」ボタンがあります。マルケトでは独自の技術を用いて、ポスト用のメッセージを作成しています。サイト利用者は自動作成のメッセージを使うこともできれば、自分で作成することも可能です。また、訪問者がこのページをクリックした回数の追跡も行っています。2番目の指標と併用すれば、各コンテンツがシェアされた頻度を測定できます。 32. 32 ターゲット(誰に届けるのか?) 30-40代 日常の様子を投稿 ニュースソースとしても活用 10-20代若年層 たまに開くが投稿はしない 大きなライフイベントの時にお知らせ 匿名でつぶやく 最新の情報をチェック 実名、趣味の複数アカウントを使い分け 頻繁に投稿 インスタ映えするフード、 ファッションなどをたまに投稿 ググる前に#タグる(ハッシュタグ検索) インスタにUPすることをゴールに行動 (見せるコト消費) 日常はストーリーに投稿 スキマ時間で、興味がある動画を視聴 関連動画を見続ける (テレビも見ている) テレビの代わり ユーチューバーやゆるい面白動画を探す 音楽プレイヤーとしても活用 Social Studio is the easy-to-use, single interface from which to operate your marketing strategy across any and all social media channels. Schedule posts and manage your community, all while …

“ソーシャルメディアのマーケティングプラン、中小企業ソーシャルメディアマネジメント、ソーシャルメディアマーケティングプラン、 +ソーシャルメディア重要、ソーシャルメディア効果、メンタルヘルス、無料ソーシャルメディア管理ツール、ソーシャルメディア検証、ソーシャルメディア管理ダッシュボード、”

Googleが検索アルゴリズムに「モバイルフレンドリー」アップデートを追加したことから、モバイルのSEOも情報接触の入口対策として重要度を増すはずです。そして、モバイルは情報接点と購買体験の融合も加速し、一貫性のある満足度の高い顧客体験の提供が求められているため、モバイルのUI・UXデザイン最適化は急務となりつつあります。情報接触・収集から購買、そしてその先のロイヤリティ醸成まで、全てをモバイルで完結出来るかどうかが、コミュニケーション設計の重大な課題となるでしょう。 顧客との関係を管理するにあたって、デジタル・マーケティングの手法とそれに関連したチャネルは重要ですが、それ以外のチャネルを無視して良いわけではありません。また、単に顧客を知るだけでも十分ではありません。キャンペーン効果を向上するためには、顧客が最も反応しやすいタイミングやチャネルを通じて適切なメッセージを届けることができるよう、顧客を深く理解する必要があります。そのためには、Web、ソーシャルメディア、モバイル、ダイレクトメール、店舗などの全チャネル横断で顧客の嗜好やニーズを把握する総合的な視点が必要です。マーケティング担当者はこのチャネル横断の情報を利用して、顧客を購買に導くために最適なカスタマー・エクスペリエンスを予測し、すべてのチャネルで一貫してそれを提供することが求められているのです。顧客の行動や好みをより深く理解すればするほど、顧客との対話が実り多いものになる可能性が高まります。 10. 10 グローバル・国内のソーシャルメディアユーザー数 国内ではLINEのユーザー数がトップで7,000万人以上 Instagramが国内ユーザー数を2,000万人と突破 Facebook Twitter Instagram LINE ユーザー数(グローバル) 3.28億人 8.0億人 2.17億人 ユーザー数(日本) 2,800万人 4,500万人 2,000万人 7,000万人 人口カバー率 21.30% 31.50% 15.70% 55.10% アクティブ率 56.10% 70.20% 84.70% 96.60% 男性 53.90% 48.40% 39.40% 46.40% 女性 46.10% 51.60% 60.60% 53.60% こうした課題の解決にはユーザーの行動データだけでなく、SNSでの関係や発言内容の好意度などを数値化した、いわゆるSNSデータの活用がポイントになります。前述のように、ユーザーはその時の気分や発言内容によって、複数のSNSを使い分けていますので、こうしたデータもSNS横断で蓄積し、ユーザーの感情変化を把握していく必要があります。2015年まではDMPのアウトプットというとターゲティング広告がメインでしたが、今後はこうしたSNSデータもDMPに一元管理し、ユーザーの関与度に合わせたコミュニケーション設計に活かす取り組みが増えるのではないでしょうか? 「株式会社ぱとか」は、広告・プロモーション周りを中心としたWEB制作会社ですが、近年では、FacebookやInstagramなどのSNS企画制作・運用も得意としております。大手化粧品メーカー、コスメブランドのSNS企画・制作・運営をはじめとして、過去に多くのプロモーションサイトやSNSの企画・運用にも携わってまいりました。これまでのノウハウを活かし、最適なSNSコンテンツを提案させていただきます。 マーケティング機能統合型 Web CMS Sitecore Experience Platformは、FacebookやTwitterをはじめさまざまなソーシャルメディアとの連携が可能な、デジタルマーケティング機能を搭載したCMSです。無償のモジュールを活用し、CMSの管理画面から時間指定配信のほか、ワークフロー機能も活用できるため、承認後公開などガバナンスを効かせた記事投稿も可能です。また、アカウント認証連携の機能を活用し、例えばFacebookアカウントでのログインが可能な会員制サイトも構築できます。 インターネットを通じて不特定多数の利用者が情報をやりとりしたり、アイデアを共有したりする仕組みを指す。情報をいわば一方的に発信する新聞・テレビ・雑誌など古くからのメディアに対し、双方向に「交流する」メディア、という意味を込めた用語。代表的なものにはツイッターなどの簡易投稿サイトのほか、フェイスブックやミクシィなど交流サイト、YouTubeなど動画投稿サイトがある。利用者の投稿に対し別の利用者がコメントしたり、他の利用者に向けて転載したりすることで、情報を素早く、より多くの人に伝えられる特徴がある。誤った情報が拡散しやすい面もあるが、多くの人の目に触れることで内容が検証され、より信頼できる情報に集約されていく側面もあるとされる。 2. 2 前職ではシステムエンジニアとして投資信託の資産運用システムの開発・運用 に従事し、大規模システム移行支援を行った。 2012年にメンバーズに入社し、 ソーシャルメディアを中心として多数アカウントのプロモーション戦略の立 …

“トップソーシャルメディアサイト2016、主要ソーシャルメディアサイト、最高の無料ソーシャルメディア管理ツール、ソーシャルメディア採用統計、教会ソーシャルメディア戦略、 |ソーシャルメディアランキング、ソーシャルメディアカレンダーの作成方法、トップソーシャルメディアインフルエンサー2015、法執行とソーシャルメディア、”

10. 10 グローバル・国内のソーシャルメディアユーザー数 国内ではLINEのユーザー数がトップで7,000万人以上 Instagramが国内ユーザー数を2,000万人と突破 Facebook Twitter Instagram LINE ユーザー数(グローバル) 20億人 3.28億人 8.0億人 2.17億人 ユーザー数(日本) 2,800万人 4,500万人 2,000万人 7,000万人 人口カバー率 21.30% 31.50% 15.70% 55.10% アクティブ率 56.10% 70.20% 84.70% 96.60% 男性 53.90% 48.40% 39.40% 46.40% 女性 46.10% 51.60% 60.60% 53.60%  続く2位はマクドナルド。商品の購入要因として有力だったのはオウンドメディアでした。ダウンロード件数3300万件を超える(2017年4月時点)公式アプリに加え、2016年春に開設したオウンドメディア「BurgerLove」が来店・購入意欲を高めました。期間限定商品の開発経緯や定番商品の歴史、CM出演タレントが語る「マクドナルドと私」などの読み物コンテンツを公開し、公式アプリから多くのアクセスを集めています。 1人合宿 adobe Apple Apple Watch Gif画像 Googleドキュメント Illustrator Insta360 Nano iPhone 7 Plus Photoshop Tableau …

“すべてのソーシャルメディアウェブサイト、ソーシャルメディアゲームオンライン、ソーシャルメディアジョブズニューヨーク、ソーシャルメディアデー2016、ソーシャルメディアでの仕事、ソーシャルメディアレジュームスキル、ソーシャルメディアアイコンベクタ、 _ソーシャルメディアポスト、B2Bソーシャルメディアマーケティング、コーポレートソーシャルメディア戦略、従業員ソーシャルメディア権利、ソーシャルメディアボタン、トップソーシャルメディアマーケティング、”

55. 55 2018年1月19日(金)開催セミナー 2018年、絵に描いた餅で終わらせない! 真のソーシャルメディア活用【戦略・戦術・運用編】 https://marke.members.co.jp/20180119.html *本講演資料およびメンバーズのサービスについてのお問い合わせは 担当営業またはメンバーズセミナー事務局へお願いいたします。 株式会社メンバーズ セミナー運営事務局 E-Mail:[email protected] Tel:03-5144-0650 この本では「ストリーム化」という言葉を用いているが、ブログ、CGM、SNS、ツイッターと、webの世界では市民・消費者の参加が急速に高まり、その発信速度も高まっている。TVや新聞雑誌の情報を唯々諾々と飲み込んでくれた羊のような消費者の姿は過去のものになり、良くも悪くも、クチコミも炎上も、マーケティングの世界では現実として直視すべきものになっている。だったら企業も炎上を恐れて押し黙っているのではなく、積極的にコミュニケーションしてはどうか、ちゃんと企業向けの管理システムも用意してますよ、というのが著者たちの主張。そこまではわかる。 Social Studio is the easy-to-use, single interface from which to operate your marketing strategy across any and all social media channels. Schedule posts and manage your community, all while automatically forwarding important communications to the proper department within your company. For example, …

“無料ソーシャルメディアツール、子育てとソーシャルメディア、ソーシャルメディアでの広告、ソーシャルメディア統計2015、ソーシャルメディアマーケティングアナリティクス、ソーシャルメディア2016年選挙、 _ソーシャルメディアプロファイル、従業員ソーシャルメディア、ソーシャルメディアユーザー数、ソーシャルメディアチャレンジ2015、ソーシャルメディアアップデータ、ソーシャルメディアからのアンインストール、”