“あなたのビジネスを促進するためにソーシャルメディアを使用する、ソーシャルメディアブログ、タコベルソーシャルメディア、ブロガーのためのソーシャルメディア、 +ソーシャルメディアベンチマーク、ソーシャルメディアウェビナー、雇用者がソーシャルメディアをチェックすべきか、ソーシャルメディアベンチマーク、ソーシャルメディアベンチマーク、”

11. 11 5,487 6,023 6,488 6,878 7,216 7,485 7,732 56.4% 60.6% 65.3% 68.9% 72.1% 74.5% 76.7% 40.0% 50.0% 60.0% 70.0% 80.0% 90.0% 100.0% 0 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000 2013年末 2014年末 2015年末 2016年末 2017年末 2018年末 2019年末 SNS利用者数 SNS利用率 株式会社 ICT総研 2017年度 SNS利用動向に関する調査 日本のSNS利用者は7,216万人(普及率72%) 2017年末の国内ネットユーザーは10,047万人と推定されるが、 SNS利用者はそのうちの72.1%にあたる7,216万人 ネットユーザーに占めるLINE利用率は72%、Twitter 41%、Facebook 33%

 栄えある1位となったのは良品計画のブランド「無印良品」です。スマートフォン向けアプリ「MUJI passport」と写真・動画に特化したSNS「Instagram」の活用が奏功しました。アプリでは新商品や店舗のイベント情報などを伝える「from MUJI」を始めたことで、利用頻度が大幅に向上。アクセス数ではアプリがWebサイトを抜きました。アプリ利用者は顧客単価が非利用者の1.5倍と売り上げにも貢献しています。また、Instagramは利用開始から2年で、フォロワー数がTwitterを超えています。最もエンゲージメント率の高いSNSとなっており、商品購入にも結びついています。

Our customers range from business-to-business and non-profits, to some of the largest business-to-consumer companies in the world – like Sony, GE, Hautelook, and News Corps Australia. These leading brands, big and small, know that it’s more important than ever to develop and nurture real relationships — to enable their customers’ success, drive revenue, and increase their ROI.

では、ソーシャルメディアは売上に寄与しているのだろうか? 新商品はテレビCMで取り扱っていないため、ソーシャルメディアマーケティングを本格的に開始した2013年当時、新商品を店頭で知る人がほとんどだったが、2年後の2015年にはハーゲンダッツの公式SNSやWeb記事で認知したという人が店頭を超えている。「ソーシャルメディアの人数は少ないけれど、買う可能性の高い人たちが集まっている。 そのため、購買には結構、影響があるのではないか」と續氏は語る。

石井:私、インスタグラムのフォロワーは5000人ぐらいしかいないんですけど、たまにイベント会社さんから依頼が来たりするんです。女の子のインフルエンサー同士ってイベントに行くと同じメンバーがいて女子高みたいなものなので、どこどこのPR会社、インフルエンサー会社はギャラが低いとか、こういう扱いをされたとか、これをしたら怒られたとか、「え、そんなことを」という話を聞いたので、インフルエンサーを抱えている会社がそういうことをやると倒れるぞ、みたいなことを書きました。ふふふ。

38. 38 世の中のトレンド ブランドストーリー ファンのニーズ コンテンツ・施策を企画するうえでの重要な3要素 企業・ブランドが元から 持っているストーリー、語るべきこと 熱心なブランドのファンが 望むコンテンツ 世の中で話題になっている トピックス・イベント ・話題の新商品 ・世界中が注目するイベント・ファンアンケート ・ソーシャルリスニン グによるファンの声 ・ブランド理念/ ミッション ・従業員 ・製品/サービス ・歴史 ・技術 ・デザイン ・スポンサード ・CSR/CSV 38

48. 48 ファン数 公式SNS KPI WOM (口コミ) KPI 購買 ・リーチ数 ・IMP数 エンゲージ メント (数・率) ・送客数 ・CTR KPI③-(1) KGI① KGI②KPI②KPI① KPI③-(2) ブランド 構築 (認知/NPS/購 入意向) WEB サイト 顧客体験 ・購買前 ・購買中 ・購買後 SNS ユーザー ユーザー 投稿 アンケート ソーシャルリスニング シェア ・ブランド言 及数 ・発言の ポジ/ネガ デジタル施策のKPI/KGI フレーム

弊媒体は、はたらく30〜40代の女性をターゲットに以前は月刊誌の発刊を行っておりましたが、現在は260万PV、140万UUほどのWEBサイトでの情報発信(目下右肩上がりに成長中です)や、実際にリアルに人が集まる登録者数30,000人コミュニティ「DRESS部活」を中心に媒体運営を行っております。また、さらにDRESS部活から生まれた、インフルエンサー的動きをする、DRESSアンバサダーが熱量の高いSNS発信をお手伝いします。

41. 41 ロッテ「Fit’s」 2年F組Fit’s組~日本最強のクラス~ 10代をターゲットにしたロッテのガム「Fit’s」のSNS施策。ダンス動画と、登場人物によるツイッター上の日々 のつぶやきを組み合わせたプロモーション開始1カ月で動画再生回数が1000万回を突破。関連ツイート数は10万 回、いいね!やリツイートなどのエンゲージメント数も50万回を超えた。ストーリーの大枠を維持しながら、 SNSの反応をみてサブストーリーを変更。販売データと紐付けることで、購買行動まで見えるようにしている。 一般事例

5. 5 セミナー趣旨 デジタルマーケティングにおいて、 ソーシャルメディアはユーザー接点として欠かせないツール ユーザーの多様化に合わせて、 複数ソーシャルメディアアカウント運用が当たり前に 一方、「マーケティング成果を上げられない」 「ソーシャルメディア施策の効果を感じられない」といった声も多い ソーシャルメディア活用の戦略・戦術・運用編の3部構成で、 マーケティング成果を出すためのヒントをわかりやすくご紹介

21. 21 あらためてしっくりくる ”ソーシャルメディア”は”公園”という考え方 ソーシャルメディアは生活者による 生活者のための場であることを再認識 様々や趣味嗜好を持った生活者が集まり、友達と楽しい時間を過ごし ている広い公園がソーシャルメディアの世界。 企業の公式SNSアカウントは、公園の出店のようなもの。 自社の製品を宣伝するために、拡声器で大きな声を出したり、 無理矢理ビラを配っても、場の雰囲気にそぐわず、愛されない。 情報は欲しがっている人に届ける。喉が渇いた人にはビールを。 お腹がすいた人には焼きそばを届けるように、コンテンツを届ける。 21

この本では「ストリーム化」という言葉を用いているが、ブログ、CGM、SNS、ツイッターと、webの世界では市民・消費者の参加が急速に高まり、その発信速度も高まっている。TVや新聞雑誌の情報を唯々諾々と飲み込んでくれた羊のような消費者の姿は過去のものになり、良くも悪くも、クチコミも炎上も、マーケティングの世界では現実として直視すべきものになっている。だったら企業も炎上を恐れて押し黙っているのではなく、積極的にコミュニケーションしてはどうか、ちゃんと企業向けの管理システムも用意してますよ、というのが著者たちの主張。そこまではわかる。

28. 28 ブランド・企業全体のKGI デジタル・マーケティング全体のKPIと ソーシャルメディアの目的がリンクしていますか? Digital KPI① (Owned) Digital KPI② (SNS) Brand KGI “企業・商品”のブランドリフト (純粋想起・好意度・購入意向・NPS など) Digital 重要KPI デジタルを通じたファン・アンバサダーの創出 ・セッション数、PV数 ・会員登録数 ・ファン数/フォロワー数 ・投稿のリーチ数 ・投稿のエンゲージメント数・率 Owned Media Google Analyticsデータ SNSインサイトデータ Owned Media訪問者および SNSファンに対するアンケート 全体のブランド調査 Digital KPI③ (WOM) ・”商品・ブランド”に関する言及数 ・”商品・ブランド”に関するポジネガの割合 ソーシャルリスニング WOMデータ Digital Marketing

ソーシャルメディアのサービスが登場したのは、今世紀に入ってから。ブロードバンドの普及とともに語られ始め、2004年頃から、次世代のネット「ウェブ2.0」を牽引するメディアとして捉えられるようになった。とりわけ同年のアメリカ大統領選では、アルファブロガーの書き込みが、選挙の行方を左右するほどの強い影響力を示し、既存のマスメディアからも注目を浴びた。新聞社の倒産があいつぐ米国では、これ以降、多くのジャーナリストが表現・活動の舞台を、ブログ、ブログパブリッシャー、ツイッターなどのソーシャルメディアに移している。

タグ: Facebookアカウント運用代行, Facebookキャンペーン, Facebookクリッピング, Facebookコンサルティング, Facebookソーシャルインサイト, Facebookフォトコン, Facebookプロモーション, Facebook事例, Facebook企画, Facebook分析, Facebook動画配信, Facebook広告, Facebook広告配信, Facebook拡散, Facebook資料, Facebook運用代行, Facebook集客分析, Instagramアカウント運用代行, Instagramキャンペーン, Instagramクリッピング, Instagramコンサルティング, Instagramソーシャルインサイト, Instagramフォトコン, Instagramプロモーション, Instagram事例, Instagram企画, Instagram分析, Instagram動画配信, instagram広告, Instagram広告配信, Instagram拡散, Instagram資料, Instagram運用代行, Instagram集客分析, SNSアカウント運用代行, SNSキャンペーン, SNSクリッピング, SNSコンサルティング, SNSソーシャルインサイト, SNSフォトコン, SNSプロモーション, SNSマーケティング, SNSマーケティング資料, SNS事例, SNS企画, SNS分析, SNS動画配信, SNS広告, SNS広告配信, SNS拡散, SNS拡散向きwebドラマ制作, SNS拡散向きコンテンツ, SNS拡散向きコンテンツ制作, SNS拡散向きロケーション, SNS拡散向き撮影制作, SNS資料, SNS運用代行, SNS関連サービス資料, SNS集客分析, Twitterアカウント運用代行, Twitterキャンペーン, Twitterクリッピング, Twitterコンサルティング, Twitterソーシャルインサイト, Twitterフォトコン, Twitterプロモーション, Twitter事例, Twitter企画, Twitter分析, Twitter動画配信, Twitter広告, Twitter広告配信, Twitter拡散, Twitter資料, Twitter運用代行, Twitter集客分析, インスタグラムアカウント運用代行, インスタグラムキャンペーン, インスタグラムクリッピング, インスタグラムコンサルティング, インスタグラムソーシャルインサイト, インスタグラムフォトコン, インスタグラムプロモーション, インスタグラム事例, インスタグラム企画, インスタグラム分析, インスタグラム動画配信, インスタグラム広告, インスタグラム広告配信, インスタグラム拡散, インスタグラム拡散向きwebドラマ制作, インスタグラム拡散向きコンテンツ, インスタグラム拡散向きコンテンツ制作, インスタグラム拡散向きロケーション, インスタグラム拡散向き撮影制作, インスタグラム資料, インスタグラム運用代行, インスタグラム集客分析, インバウンドFacebook対策, インバウンドInstagram対策, インバウンドSNS対策, インバウンドインスタグラム対策, インバウンドソーシャルメディア対策, インバウンド対策, インフルエンサーPR, インフルエンサーキャスティング, インフルエンサー拡散, サービス比較, サービス資料, ソーシャルインサイト, ソーシャルネットワーキングサービス, ソーシャルネットワーキングサービス資料, ソーシャルメディアアカウント運用代行, ソーシャルメディアキャンペーン, ソーシャルメディアクリッピング, ソーシャルメディアコンサルティング, ソーシャルメディアソーシャルインサイト, ソーシャルメディアフォトコン, ソーシャルメディアプロモーション, ソーシャルメディアマーケティング, ソーシャルメディアマーケティング資料, ソーシャルメディア事例, ソーシャルメディア企画, ソーシャルメディア分析, ソーシャルメディア動画配信, ソーシャルメディア広告, ソーシャルメディア広告配信, ソーシャルメディア拡散, ソーシャルメディア拡散向きwebドラマ制作, ソーシャルメディア拡散向きコンテンツ, ソーシャルメディア拡散向きコンテンツ制作, ソーシャルメディア拡散向きロケーション, ソーシャルメディア拡散向き撮影制作, ソーシャルメディア資料, ソーシャルメディア運用代行, ソーシャルメディア集客分析, ソーシャル関連サービス資料, ツイッターアカウント運用代行, ツイッターキャンペーン, ツイッタークリッピング, ツイッターコンサルティング, ツイッターソーシャルインサイト, ツイッターフォトコン, ツイッタープロモーション, ツイッター事例, ツイッター企画, ツイッター分析, ツイッター動画配信, ツイッター広告, ツイッター広告配信, ツイッター拡散, ツイッター拡散向きwebドラマ制作, ツイッター拡散向きコンテンツ, ツイッター拡散向きコンテンツ制作, ツイッター拡散向きロケーション, ツイッター拡散向き撮影制作, ツイッター資料, ツイッター運用代行, ツイッター集客分析, マーケティング資料, 中国SNS対策, 中国ソーシャルメディア対策, 国内ソーシャル関連サービス資料, 媒体資料, 広告媒体資料, 広告資料, 海外Facebook代行, 海外Facebook対策, 海外Instagram代行, 海外Instagram対策, 海外SNS代行, 海外SNS対策, 海外Twitter代行, 海外Twitter対策, 海外インスタグラム代行, 海外インスタグラム対策, 海外ソーシャルメディア代行, 海外ソーシャルメディア対策, 海外ソーシャル関連サービス資料, 英語Facebook代行英語Instagram代行, 英語Facebook対策, 英語Instagram対策, 英語SNS代行, 英語SNS対策 英語ソーシャルメディア対策, 英語インスタグラム代行, 英語インスタグラム対策, 英語ソーシャルメディア代行, 資料まとめ, 資料ダウンロード, 集客分析

石井:インスタグラムもいま、動画に移行していて、インスタグラムのなかにストーリーという機能があるんです。もともとスナップチャットというアプリが海外で流行っていて、24時間で消えてしまうのですが、インスタグラムにも類似しているサービスが入ったんです。いま若い子たちはストーリーの方をアクティブに楽しんでいる。たとえば、何の気なしにみんなで飲んでいる動画を撮ってあげることが増えていて。なので、人格がバレる。隠しきれないというか。

Marketing Cloud delivers data and application functionality through the web, rather than having them reside on a user’s desktop/laptop/mobile device, hardware drive, or in what is otherwise known as on-premises solutions. As a result, IT departments no longer need to worry about buying and provisioning servers to hold company data and can instead focus on creating applications that help the business run faster. And they don’t have to worry about installing applications on every device for every user in a business. Instead, users with web access simply log in to an app to access, share, and collaborate on relevant data and business processes immediately. Salesforce has been a leader in enterprise cloud computing since 1999, virtually creating the category. Today, Salesforce has more than 100,000 customers and continues to be a recognized leader in cloud computing for businesses of all sizes and in nearly every industry under the sun.

49. 49 ①”公式SNSアカウント”では、ファンアンケートを実施し、 SNS運用を通じてすることで、KGIにどれだけ貢献しているのか検証する KGI/KPI設計・運用するうえで重要なこと ⇒KGIとの相関を検証せず、公式SNSアカウントの運用を行っていると、 目指すべきマーケティング成果への貢献度合いが不明瞭になってしまう。 ⇒知人からの推奨は高い信頼、大きな影響力を持っている。 ソーシャルメディア全体を俯瞰して自社ブランド・製品の状態を把握することが重要。 ②” SNS公式アカウント”だけではなく、ソーシャルリスニングを 活用して”ソーシャルメディア全体”のKPI/KGI設計も行う

下のスクリーンショットは、マルケトのウェブサイトから抜き出したものです。右側にFacebookの「いいね!」ボタン、Twitterのツイートボタン、LinkedInの「シェア」ボタンがあります。マルケトでは独自の技術を用いて、ポスト用のメッセージを作成しています。サイト利用者は自動作成のメッセージを使うこともできれば、自分で作成することも可能です。また、訪問者がこのページをクリックした回数の追跡も行っています。2番目の指標と併用すれば、各コンテンツがシェアされた頻度を測定できます。

52. 52 第1部 戦略編 まとめ ☑ソーシャルメディア戦略策定の重要性 企業・ブランドとしてのマーケティングゴールにそって、 ソーシャルメディア戦略を策定することが重要 ☑ソーシャルメディア全体を活用するという視点 届かない・伝わらない時代の突破口は知人からの推奨 (ユーザーのソーシャルグラフ) 企業のSNS公式アカウントはソーシャルメディア全体の中での情報発信源 ☑ソーシャルメディアはユーザー主導の公園 ユーザーに愛されるコミュニケーションには、 ユーザー理解(使い方・ニーズ)、 プラットフォーム毎(コンテキスト・機能)の理解が不可欠

顧客との関係を管理するにあたって、デジタル・マーケティングの手法とそれに関連したチャネルは重要ですが、それ以外のチャネルを無視して良いわけではありません。また、単に顧客を知るだけでも十分ではありません。キャンペーン効果を向上するためには、顧客が最も反応しやすいタイミングやチャネルを通じて適切なメッセージを届けることができるよう、顧客を深く理解する必要があります。そのためには、Web、ソーシャルメディア、モバイル、ダイレクトメール、店舗などの全チャネル横断で顧客の嗜好やニーズを把握する総合的な視点が必要です。マーケティング担当者はこのチャネル横断の情報を利用して、顧客を購買に導くために最適なカスタマー・エクスペリエンスを予測し、すべてのチャネルで一貫してそれを提供することが求められているのです。顧客の行動や好みをより深く理解すればするほど、顧客との対話が実り多いものになる可能性が高まります。

ただ、基本的な考え方(戦略理論)そのものは、ひと昔前の「競争戦略」にもとづいているので、次世代型マーケティングを模索している専門家には、いまひとつ物足りない内容かもしれない。旧来の(教科書的な)マーケティング戦略にもとづき、ソーシャルメディアという新しいメディアを使って何ができるかということがこの本では語られているが、せっかく新しいメディアを使うのであれば、それを最大限に活かす新しい戦略も必要なのではないだろうか。

とはいえツイッターはまだ始まったばかり。オバマが大統領選挙で活用したことで有名にはなったけれども、日本のビジネスツイッターではまだフォロワー数万がいいところ。ユーザー層もまだまだ、「新しモノ好き」層に留まっている可能性も高い。「ブランドづくり」よりも、狭い範囲やイベント単位での集客の方が適しているのではないだろうか。本書の中で紹介された事例も繰り返しのものが多く、乏しい実績を戦略論や戦争論の比喩で嵩増ししている感も否めない。

石井:インスタグラムのフォロワー数が増えないのは明確な理由があって、SNSにもオープンなSNSとクローズドのSNSがある。FB、ツイッター、ピンタレストはアプリ内にシェアだったりリツイートだったり、「いいね!」だったり、拡散機能を保有していて、自分の知らない人でも友だちが「いいね!」とかシェアとかしたら、コンテンツが流れてくる。でも、インスタグラムはフォローに準じていて、友だちが知らないところで「いいね!」を押していても、そのコンテンツは流れてこない。かなりクローズドのSNSなんです。なので、物理的にバズは起きない。ただ、20〜30代の女性はインスタグラムを見て購買するレートが一番高いというデータが出ているので、企業としてもやるしかない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *